名古屋に向けて/座長 

| 修正
DVC00418.jpg虫干し&洗濯、そして少しサイズの違うテレピアホール用の、思い出しも含めた稽古をしていました。画像は女形連が使用している「裾除(すそよ)け(=本来なら繋がっている襦袢の上下を分離した下半身部分。上半身部分は「半襦袢」と呼ばれます)」が風に揺られています。薄曇りに程良い風が吹き、虫干しには打って付けでした。

そして久し振りに「座員寄合(よりあい)」を実施しました。花組芝居は創立当初から、活動の裏表を共有する為に、座員総会を度々開催しています。帰属意識を高めて貰うのが最初の動機でしたが、20年以上経つと、帰属意識を持っていない人間は座員にはなれないから、確かめるまでもない訳で、研修を終えた新人を入座させるかを決定するのが、座員寄合の大きな役割となりました。しかし、公募をストップしているここ数年、寄合を行う機会を失っていました。大震災の、これから先の非常時に対応する為の何やかや、来年(創立25周年)の予定etc.

DVC00423.jpg更に福岡が忘れられず、二子玉で知る人ぞ知る、本格博多ラーメンの店「濃麻呂(こくまろ)」へ!本場を食べて来た直後だから、如何に本物の豚骨細麺か判る。にんにく一杯入れちゃった。玉川高島屋の裏、東名高速の高架下にあります(カウンターのみ)。さ、いよいよ名古屋です!