2024年スケジュール

| 修正

★6月下旬・本公演『レッド・コメディ~赤姫(まつ)り~』
redcomedy.jpg
シアタートラム
脚本=秋之桜子(西瓜糖
構成・演出=加納幸和

一般発売=4月27日(土)
 ※一般発売前の優先予約をご希望の方は、最優先予約:花組通信デジタル版(有料) または、優先予約:DMメール会員(無料)にご登録ください。

赤姫姿の老醜の女形が車椅子に腰掛けている──。
ここは彼岸か? 此岸か? デーンデーンと響く義太夫三味線に誘われるかのように、彼の口から語られる、赤裸々な人生と彼を取り巻く男達の物語。

夢邪想』の脚本家、秋之桜子とのタッグ再び! 主人公の赤裸々な人生、彼を取り巻く男達、そしてサスペンスを孕んだ人間模様の果ては!? 戦後の演劇界に想を得て、「女形」の本質に迫る完全新作書下ろし!

 

★11月・新企画始動!/花組ペルメルvol.1「新作(題名未定)」 
  @小劇場B1
  脚本=堀越 涼(あやめ十八番
  演出=加納幸和

あやめ十八番代表・堀越 涼とのコラボがついに実現!! こちらは劇団初のプロデュース公演となります。加納×堀越の師弟コンビ初の作品、どうぞお楽しみに!

※「ペルメル(pêle-mêle)」は仏語で「ごちゃまぜのもの」「雑多な集まり」という意味

植本純米退座のお知らせ

| 修正

いつも花組芝居をご贔屓頂き、誠にありがとうございます。
この度、植本純米が令和5年9月末日にて花組芝居を退座いたしました。
長きに渡り、ご支援いただきましたファンの皆様方や、関係者各位の皆様には、心より感謝申し上げます。
引き続き演劇活動は行って参りますので、今後とも変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

花組芝居


【植本純米よりご挨拶】
この度、34年間在籍していた花組芝居を退座することとなりました。

自分の仕事の都合や劇団の方針など幾つかの事情が重なり、長きに亘り公演に参加できておりませんでした。そして今後も出演はなかなかに難しそうで、この中途半端な状態をそろそろはっきりさせなくてはと思い、このようなご報告となりました。

先日、内心ドキドキしながら座長に会って退座の話を聞いてもらいました。加納さんはとても穏やかで優しかったです。その穏やかさの中に感じたのは座長が背負ってる物の大きさであり、劇団を守り且つ劇団で攻めに出ている姿勢でした。自分はちっちゃいなぁと思いました。

演技のことなど何も知らない大学3年の時から劇団に育ててもらい、座長はじめ座員のみんな、スタッフさん達、そのほか公演関係者の皆様などお礼を申し上げたい方々は数えきれません。そして花組芝居の植本を応援してくださったお客様には本当に感謝しております。長い間ありがとうございました。

座員ではなくなりますが、これからも限界が来るまで俳優業は続けてまいります。若い頃に加納さんから頂いたメッセージカードにはこんなことが書いてありました。「あなたの感受性は必ず市民権を得ます。これからの生活は大変だけど頑張って!」…自分はもはや若手ではありませんが、今後もこの言葉を胸に愚直に精進してまいります。

最後になりましたが、花組芝居の更なる発展を心からお祈りしています。作業など人手が足りない時は声をかけてください。

2023年9月末日
植本純米


【座長・加納幸和よりご挨拶】
もうずっと以前から独自の世界を持ち、それを武器に、広い演劇界で飛び回っていた。いよいよ正式に「劇団」という枷を外し、誰も邪魔をしない、大空の遥か彼方へ羽ばたく時が来た。頼もしい限りである。更に強くなった『植本純米』に御期待下さい。

花組芝居座長 加納幸和

松原綾央退座のお知らせ

| 修正

いつも花組芝居をご贔屓頂き、誠にありがとうございます。
この度、松原綾央が令和5年6月末日にて花組芝居を退座いたしました。
長きに渡り、ご支援いただきましたファンの皆様方や、関係者各位の皆様には、心より感謝申し上げます。

花組芝居


【松原綾央よりご挨拶】

この度、23年間在籍致しました花組芝居を退座し、併せて俳優業からも引退する事に致しました。
今迄応援してくださった皆様、本当に有り難うございました。
そして今後とも花組芝居を宜しくお願い致します。
明日から皆様と同じ様に、一観客として花組芝居を見つめていくつもりです。
1999年の入座から男子校で、先輩、そしてのちには後輩くんたちと、ずっと楽しい学園祭をやってきた感じです。
今迄以上に楽しい人生を送るつもりですので、皆様も楽しい人生を!

改めて皆様、今日まで松原綾央を育てて応援して下さり、本当に有り難うございました。
舞台上から見える、皆様の温かい眼差しは、一生忘れる事はないでしょう…

有り難うございました。

松原綾央


【座長・加納幸和よりご挨拶】

カルチャーセンターの授業に珍しく男性の受講者が居た。
「そんなに芝居好きなら来れば?」あれから二十数年。
体操をしていた経験を活かし、舞台ではいつも軽やかに動き回り、女形から立役まで、様々な役をこなしていた。
一方、状況を判断する目が鋭く、物事を客観的に見詰められるようで、座内で起こる様々な物事にも的確な発言をし、こちらも折々意見を聞いたりしていた。その現実を見通す目が、自らの今後について、極めて冷静な決断を下した訳である。
アヤヲ、お前の話が聞けなくなって、寂しがる奴も居るだろうよ。俺もそう。たまに連絡おくれよ。
先ずはお疲れ様でした。有難う!

花組芝居座長 加納幸和

次回公演『泉鏡花の夜叉ケ池』

| 修正

2017年『悪女クレオパトラ』振り、劇団の本拠地セーヌ・フルリでの公演です。
少し気が早いですが、今年ももう8月!
泉鏡花アニバーサルイヤーの芝居納めは『夜叉ケ池』でいかがですか?
どうぞお楽しみに!

【次回公演】
泉鏡花 生誕150年記念公演
『泉鏡花の夜叉ケ池』

2023年12月28日〜30日@二子玉川セーヌ・フルリ

【原作】泉鏡花
【脚本・演出】加納幸和
【出演】
加納幸和 山下禎啓 桂憲一 北沢洋
横道毅 秋葉陽司 磯村智彦 小林大介
丸川敬之 押田健史 永澤洋 武市佳久

会員先行予約=11月上旬
一般発売=11月18日(土)


yasya1.jpg

yasya2.jpg

※写真は過去公演より

メール送信区分:花通会員


花組通信デジタル版
https://hanagumi.ne.jp/member/
 ※アクセス用のユーザ名・パスワードはお手元のメールをご確認ください

花組通信デジタル版への入会はこちらから
 → STORES

<会員の方への特典> 
★本公演最優先予約
★外部公演予約
★会員限定イベント(交流会等)
★未公開の限定写真や、動画が見られる鍵付きのページをご覧いただけます。
★ご贔屓様お誕生月に、“役者”から御祝動画コメントを、メールでプレゼント!

<会費>
★入会金 1,100円
★年会費 1年:2,000円 2年:4,000円
毎年7月更新
翌年6月末日までいつでもご入会いただけますが、残り1日となっても同額を頂戴します。(過去ログはご覧いただけます)