2022年2月アーカイブ

メール送信区分:花通/DM
 ※予約日程:本日~2/28(月)24時
 ※予約用URL:https://hanagumi.ne.jp/ticket/ ※終了しました
 ※花通会員のみの受付ではございません。
  どなたでもお申込いただけます。

劇団創立35周年を記念しまして、今月から来年1月まで毎月、誕生月の役者紋グッズを販売いたします!
デザインは35周年ロゴと、各役者の紋を比翼に配置してみました。
紋の色は本人チョイスの“好きな色”で、大き目とワンポイントの2パターンです。

まずは2月生まれのこの方、押田健史からスタート!
◆自由治屋(ふりいじや)
◆紋=蹴球に香雪蘭八咫烏(サッカーボールにフリージアやたがらす)
紋は『紫苑色』です。


oshida.jpg

ご購入はこちらのUTme!のサイトから。
https://utme.uniqlo.com/jp/front/mkt/show?id=631378&locale=ja

購入可能なアイテムの詳細はこちら。
https://utme.uniqlo.com/itemlineup/#basic_long

Tシャツ、パーカー、トートバッグ等が選べます。
生地色もチョイス出来ますので、ぜひお気に入りの1着をお迎えくださいませ。
納期は約1週間です。

来月のリリースは二瓶拓也です。
この企画は来年1月まで続きますので、各役者の誕生月しか購入できないということはございません。
35周年ロゴオンリーもリリースされるかも?
お楽しみに~( *´艸`)♪


メール送信区分:花通会員
 ※優先予約日程:本日~2月26日(土)24時
 ※予約用URLはお手元のメールをご確認ください

花組芝居35周年スケジュール

| 修正
2022年、花組芝居は創立35周年!!


35chirasi.jpg

※クリックで拡大


東海道四谷怪談の後日談として書かれた、もう一つの忠臣蔵裏話。
南北の最高傑作を13年振りに再演!

★花組ヌーベル 盟三五大切
6月1日(水)~8日(水)@小劇場B1
原作=四世鶴屋南北 脚本・演出=加納幸和
  ※チケット 前売/4,200円 一般発売/4月23日(土)


華やかな夜会を舞台に、ドラマチックかつ緻密に繰り広げられる恋と悲劇!
★本公演 鹿鳴館』
11月下旬~12月上旬 東京・大阪公演あり
作=三島由紀夫 演出=加納幸和
  ※チケット 一般発売/10月予定


花組芝居とは
庶民からは高尚で堅苦しくなってしまった“歌舞伎”を、かつての芝居小屋のように、誰もが気軽に楽しめる最高の娯楽に!と、自ら“ネオかぶき”と称し、 豊富な歌舞伎の知識と、枠にとらわれないユニークな発想、「なんでもあり」の精神で、独特の世界を作り上げている。
題材は歌舞伎だけにとどまらず、シェイクスピアやアガサ・クリスティ、現代物やマンガ原作物まで多岐にわたる。特に、泉鏡花作品は高い評価を得ている。
俳優は男性のみ。パワーの有る個性豊かな俳優陣が「女形」も演じる。

花組通信97号発送のお知らせ

| 修正

2/6に、花組通信97号をクロネコヤマトメール便にて発送いたしました。
同封物は以下の通りです。

◆花通97号
◆創立35周年記念公演『盟三五大切』『鹿鳴館』仮チラシ
◆BoroBon企画『ことば』チラシ 丸川敬之出演
◆『シラノ・ド・ベルジュラック』チラシ 秋葉陽司出演
◆2/11落語会チラシ 加納幸和、原川浩明、秋葉陽司、丸川敬之出演
◆玉造小劇店『サヨウナラバ』チラシ 武市佳久出演
◆日本の劇団『十二人の怒れる男』谷山知宏出演
◆デジタル版花組通信のお知らせ

その他、更新のお願いや受領書など個別に同封されている方もいらっしゃいます。
引越しをされた方、未着・不備の心当たりがあるお客様におかれましては、
お手数ですが花組芝居までご一報いただきたく存じます。よろしくお願いします。