2009年2月アーカイブ

かけろま4-食

| 修正
DSCF0617.jpg


舌鼓を打つ
山の恵み
猪の肉を喰らう
やわらかく
山の味が口に広がる

カケロマの猪肉は
うまいと評判。
本島では地のものより高いらしい。
宿の裏に猟師さん(夏は漁師になるらしい)が住んでいて、
良い物が入るんです、紫微鑾駕は。

DSCF0619.jpg

地元でテラダと呼ばれるキマキガイとムグチ
さっぱりとしていて
ビールの伴によし
テラダは目の前の海で採れます
潜って採りました、もちろん

DSCF0662.jpg

アップルジュースが朝のキスをする
クラムチャウダーが今日の元気をくれる
カフェオレが目覚めのほの苦さを口に広げる
トマト、ブッロコリー、ポテト、キュウリ、レタス
野菜たちがからだをくすぐる
バナナとタンカンが目覚めをひと押し
3日目が始まる


和食の朝食もあります
もちろん


かけろま3

| 修正
DSCF0644.jpg


紫微鑾駕の前の海
薩川湾の穏やかな波
彩彩な魚たちが暮らす


DSCF0649.jpg

北東にひらけている
東から朝の印が起き上がる
ぼけた眼差しがみるみる覚める

P2211670.jpg


こんな遊びもしてみました
超久しぶりに漕ぎました
パドルがちょっと短かったかな

着てるのはウエットスーツ


この前に
シュノーケリングをしていたので


かけろま

| 修正

続きなんだけど

その前に
本多劇場に
“東京ボードビルショウ”
を観てきました。

芝居の愉しさを新ためて味わさせてもらいました。
それは、新しいということではなく、
芝居の本来持っている豊かさをあらためて見せてくれたということです。

芝居はやっぱり素敵です。
B作さんは元気で素敵でした。


さあ、カケロマです。


DSCF0642.jpg


ガジュマルの樹です。
2本の樹でアーチ、タープを創り出しています。
それは宿の前に守り神のようにすくすく笑っています。
紫微鑾駕の以前から

DSCF0655.jpg

ガジュマルが見守る
部屋々々
慎ましやか
新参者の初々しさ
部屋は6畳が3室

DSCF0705.jpg


あなたの出入りを守ります。
ドアはどーだぁ。


行って帰ってきました

| 修正

2/20に機上の人
東京は寒い朝
雨の雫もたれていた
雲の上はピーカン
眼下に広がる
雲の海
えいっやっ!と
飛込んでみたくなる


DSCF0610.jpg


奄美空港に降り立ち
バスに乗り継ぎ
ボートで疾走
海を渡る


瀬相という港
あたりに建物は
簡易郵便局 待合室 
ビールを買いに待合室に

DSCF0710.jpg

車で15分
ここへ来ました
わざわざ

紫微鑾駕(しびらんか)
http://blogs.yahoo.co.jp/shibiranka

ありがとうございました

| 修正
【三人の会】 お越しいただきありがとうございました。

おいらは楽しみました。

いや〜、愉快な三人です。

DSCF0591.jpg

ものもうす

| 修正
昨日(7日)吉祥寺シアターにてMONOを拝見、マチネで。

【床下のほら吹き男】
いや〜、おもしろかった。
やっぱりMONO好きだわ。

観ながら何が好きなのかなと考えていた。
そしたら、“いそがない”という言葉が頭に浮かんだ。
そう、ここの芝居は“いそがない”のだ。
それが心地よい。
そして、きちんと空間に緩急、緊張と緩和があり、
しっかりうまっている。

話は当然面白い。

芝居の入り方、しゃれてたな。

090208_114237.jpg

15日までやってます(10日は休演)。
お時間のある方は、是非いってみてくださ〜い。

感傷旅行

| 修正

春風亭昇太師匠の独演会行ってまいりました。
2004年の時のもので、今の自分の噺ではないのであしからず、
と本人はおっしゃっていました。

が、堪能させて頂きました。

必ず現在の師匠にも会いに行きます。

【泉鏡花の夜叉ケ池】終了

| 修正
090201_165135.jpg

090201_165305.jpg


劇場にいらしてくださった方々をはじめ
スタッフ、キャストの皆様、
ありがとうございました。


090201_141515.jpg


帰り、新幹線から見えた富士山。
みごとでした。

「おつかれさん」

出迎えて
くれたようでした。

打上がりました

| 修正

ありがとうございました。
おかげさまで大千穐楽、無事幕が降りました。

この時間(2/1 03:06)まだまだ打上がってる輩がいっぱいいます。
おいらは、眠いのでホテルに帰り、レタスサンドイッチをほうばり、
軽く飲んで、寝る次第です。

ほんとうに、ありがとうございました、
皆様!!!