南北オペラ

官許(政府が興行を認可)された江戸三座(中村座・市村座・森田座)では、役者との契約を一年間(11月1日~翌年の10月末日)としていました。毎年三座で話し合って割り振りしたようです。動員が偏る事を避けたんでしょうね。

今年はこんな顔触れで行きます!と発表し、役者達それぞれの魅力を次々披露する為に、毎年11月(顔見世月)に書き下ろされたのが「顔見世狂言」。

劇場毎の今後1年のカラーの違いを判り易く見せる為でしょうか、戯曲構成に約束事が随分あります。

番立(ばんだち)=名題下俳優が三番叟を、三味線なしの鳴り物だけで、しかも定式幕前で勤めます。これは通常の興行でも序幕の前に、舞台を清める為に上演したそうです。
脇狂言(わききょうげん)=三座それぞれ固有曲を、名題下俳優が踊ります。
序開き(じょびらき)=軽いコントのような作品を、名題下俳優が演じ、必ず人間以外の異類の者を登場させます。
二建目(ふたたてめ)=本編と関係のない物語を、名題下俳優が演じます。彼らにとっての登竜門的な一幕です。

ここまでは早朝から始まるんで、お客はごく少なかったようです。相撲の中入り前のような感じかしら?

一番目(いちばんめ)三建目(みたてめ)=ようやく本編です。公家や武家の世界を描く時代物となります。いよいよ座頭が登場します。悪人により窮地に立った善人をスーパーヒーローが救う「暫(しばらく)」の場と、「だんまり(暗闇での無言の戦い)」の場、が必ず入ります。
同じく四建目(よたてめ)=所作事(舞踊劇)です。「戻駕(もどりかご)」は顔見世狂言「唐相撲花江戸方(とうずもうはなのえどかた)」の四建目舞踊でした。
同じく五建目(いちたてめ)もしくは大詰(おおづめ)=物語の続きと結末です。話が治まらないと「六建目(むたてめ)」が付く場合もあるようです。最終幕は必ず金襖の御殿シーンにします。

二番目=庶民を描いた世話物となりますが、必ず雪が降っていて、一番目で登場していた人物が、市井の人にやつして出ます。最後に正体を現して幕を切ります。ここも話が長い場合、序幕と中幕に分けたりしたようです。
大切(おおぎり)=大概、最終幕は所作事になります。有名な「関の扉(せきのと)」は、顔見世狂言「重重人重小町桜(じゅうにひとえこまちざくら)」の大切所作事でした。

こういった約束事も、顔触れやら劇場の都合で崩す事でオリジナリティを出したりしたようで、「金幣猿嶋郡」に到っては、約束事を逆手に取ったパロディの連続で「茶番に過ぎる」という意見もあったようです。この件については、6月8日(日)の東急セミナーBEで解説致しましょう。

文政12年(1829)11月中村座で上演された顔見世狂言。75歳の四世鶴屋南北が一世一代として書下ろし、実際、公演中の11月27日に亡くなっています。

原作は、祝祭色が強い為、ストーリー展開は二の次という顔見世狂言の特色を備えたものですが、ポイントとなる趣向があります。

~二つの「双面(ふたおもて)」~

「双面」には、怨霊が恨みの相手と瓜二つの姿で現れる形と、二つの魂が合体して恨みを晴らそうとする場合があります。

~第一の双面~

将門の魂が妻滝夜叉姫の死骸を借りて蘇り、筑波山を根城にする盗賊坂東太郎の女房になっている。将門を討った田原秀郷は、滝夜叉姫の元は許婚で、再会した女の魂は、実は自分が殺した男のそれであった。

~第二の双面~

将門の娘七綾姫は、自分を恋慕う藤原忠文に、父の命を救ってくれたら願いを叶えようと約束し、忠文はその通り実行したが、姫の約束は嘘で、忠文は恋も官位も失い没落する。七綾姫と不義の関係にある頼光は、知らずに見初めた清姫の怨念のような恋心から逃れようと必死である。この忠文と清姫が恨みを抱いたまま死に、その魂が合体して頼光七綾姫を悩ます。

これに、瀬戸内海で革命に失敗した藤原純友は、実は取り換え子で、盗賊坂東太郎こそ本物の純友であり、再び決起する!という話が加わります。

この作品は「怨霊として東の大地を支配する将門と、民衆の中に希望として保留された純友、これが南北の未来図(堂本正樹)」とも言われています。

原作者、鶴屋南北 

| 修正

さて、「南北オペラ」の原作となった「金幣猿嶋郡(きんのざいさるしまだいり)」。
花組芝居とも深~いご縁のある、鶴屋南北とはどんな人物だったのでしょうか。
分かりやすい解説ページを発見しましたので、ご紹介します。

文化デジタルライブラリー

南北以外にも雅楽、能楽、歌舞伎にと多岐にわたる文化が紹介されていますので、
お時間のある方はぜひご覧下さいませ。
今後は座長による「南北オペラあれこれ」がUPされるかも?
お楽しみに☆

初日特電のようすと残席状況 

| 修正

昨日26日は「南北オペラ」チケット発売初日。
この日限り、役者が電話を取る初日特電を行っておりました。
みなさま沢山のお電話ありがとうございました!

その様子をツイッターでも実況していましたので
まとめをこちらにも掲載。

初日特電はこんな感じで受け付けていますので、
次のチャンスにはみなさま是非またチャレンジを!


なお、27日現在の残席状況です。
 予定枚数終了:6/21(土)、29(日)
 お早めに:6/22(日)、28(土)昼、28(土)夜
 オススメ!:6/23(月)、26日(木)、27(金)
予定枚数終了となっている回も当日券は必ずご用意いたしますが、
土日をご希望の場合は特に、お早めのお申込みを!
 NET:「券」ページから
 TEL:03-3709-9430

チケット一般発売開始! 

| 修正

お待たせいたしました。
『南北オペラ』のチケット一般発売を開始いたしました。

お申込は「券」ページから。
もちろんお電話でも承ります。
 花組芝居:03-3709-9430
本日26日のみ、19時まで役者連中がお電話受付中!

4/26 特別電話予約 

| 修正

「南北オペラ」チケット発売初日のみ、座員がチケット予約を承ります!

4月26日(土)10時~19時
予約電話:03-3709-9430

もちろん当HPからのネット予約も受付致しますが、この機会に是非お電話でも
お申し込み下さいませ。
どの時間帯にどの役者が待機しているかは、当日までのお楽しみです♪


※この公演は、会員優先予約はございませんので、ご了承下さい。

DVD 特別割引販売 

| 修正

南北オペラってどんな話?
そんな貴方に朗報!
花組芝居15周年記念として上演した「南北オペラ」DVDを
特別割引価格 4,500円(税込)でご案内します!
この機会にぜひ手に入れて下さいませ。

 >> 商品の詳細と、購入方法はこちら

「南北オペラ」公演情報 

| 修正

ホンヨミで"オペラ"やっちゃいます。
花組HON-YOMI芝居
『南北オペラ ~水下きよしの唄声が蘇る!~

◆原作/鶴屋南北『金幣猿嶋郡(きんのざいさるしまだいり)
◆脚本・演出/加納幸和
◆出演/加納幸和 山下禎啓 植本潤 桂憲一 八代進一 北沢洋 横道毅 秋葉陽司 松原綾央 磯村智彦 小林大介 美斉津恵友 谷山知宏 丸川敬之 二瓶拓也
◆唄の出演/水下きよし
  >> 配役と粗筋はこちら

◆日程/2014年6月21日(土)~29日(日)
6月 21
(土)
22
(日)
23
(月)
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
28
(土)
29
(日)
14:00       
15:00                
19:00         
  ★28日(土)14時の回以外の公演では、終演後にお客様とのプチ交流会を予定
  ※開場は開演の30分前。当日券販売は40分前からとなります


◆会場/セーヌ・フルリ
◆アクセス
東急田園都市線・大井町線『二子玉川駅』東口(改札を出て右)から徒歩6分

◆チケット
料金/全席自由 2,800円(当日 3,000円)
発売/4月26日(土)~
取り扱い/花組芝居 03-3709-9430 
     オンライン予約は当HPにて >>お申込みはこちらから

「南北オペラ」配役/粗筋 

| 修正
 
※クリックすると大きくなります
◆粗筋
平安の都にクーデターを起こすも、志半ばに討ち取られた平将門(たいらのまさかど)。敵方である将門と、恋仲であったがために殺された、滝夜叉姫(たきやしゃひめ)亡骸(なきがら)を媒介に、蘇った将門の怨霊が跳梁(ちょうりょう)する。悪の朋友、藤原純友(ふじわらのすみとも)も加わり、新たな陰謀が巻き起こる!
恋故に大蛇になった清姫(きよひめ)、鬼となった藤原忠文(ただふみ)の"双面(ふたおもて)"も()い交ぜにした鶴屋南北の遺作『金幣猿嶋郡(きんのざいさるしまだいり)』を元に、南北と加納が手を組んだサイケでヒッピーな花組南北。"水下きよし追悼公演"と銘打って、HON-YOMI芝居にて再演決定!!


◆配役
藤原純友実は金剛丸山下禎啓
十太丸二瓶拓也
七綾(ななあや)美斉津恵友
滝夜叉姫実は将門の亡魂加納幸和
坂東太郎実は藤原純友水下きよし(台詞=小林大介)
寂莫(じゃくまく)法印秋葉陽司
御厨(みくりや)八代進一
お清植本潤
安珍実は頼光桂憲一
藤原忠文(ただふみ)北沢洋
神沢(かんざわ)照宗松原綾央
しみの戸谷山知宏
伊賀寿太郎(じゅたろう)磯村智彦
田原秀郷(ひでさと)丸川敬之
手下イチロウ横道毅
赤斑の狼小林大介

  >> 「南北オペラ」公演情報はこちら
« < 新しい10件 | メインページ | 古い10件 > »