お知らせ

花通88号発送のお知らせ 

| 修正

お待たせいたしました。
本日花組通信88号を、クロネコヤマトメール便にて発送いたしました。
同封物は以下の通りです。

◆花通88号
◆次回公演 『毛皮のマリー』最優先予約のお知らせ
◆実験浄瑠璃劇『毛皮のマリー』チラシ
◆カートエンターテイメント プロデュース『奇々怪々』チラシ
◆NAO-TA!プロデュース『たいせつなきみ』チラシ
◆西瓜糖『ご馳走』チラシ
◆BoroBon企画『ことば』チラシ

その他、更新のお願いや受領書など個別に同封されている方もいらっしゃいます。
引越しをされた方、未着・不備の心当たりがあるお客様におかれましては、
お手数ですが花組芝居までご一報いただきたく存じます。よろしくお願いします。

植本純米・八代進一は、28日(木)のみの出演となりました。
申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。


まだまだ両日ともお席に余裕がございます。
ぜひこの機会にお申込み下さいませ!!

ご予約お問合せ/ borobon.k.k@gmail.com
ご予約方法/お名前・ご希望日・枚数・電話番号を明記の上、上記アドレスまでメールでお申し込みください
  *必ずGメールアドレスからの返信を受信できる環境にしてお待ちください

花組観光「ぼろぼんバス」初運行記念《春の陽炎めぐり》

★ゲスト出演者=新内勝喜

日時/2019年3月27日(水)28日(木)
受付開始17:30 開場18:00 開演19:00
会場/南青山MANDALA 
料金/ワンドリンク付き4500円(前売・当日共通/全席自由 整理番号付き)
構成・演出/加納幸和

出演(予定)/加納幸和 原川浩明 山下禎啓 桂憲一 植本純米(28日) 八代進一(28日) 横道毅 秋葉陽司 松原綾央 磯村智彦 小林大介 堀越涼 谷山知宏 丸川敬之 二瓶拓也 押田健史 永澤洋 武市佳久 (以上、花組芝居)
井上啓子 川西佑佳 杉山薫 仲坪由紀子 蜂谷眞未(27日) 伴美奈子(28日)ほか&丸川敬之(以上、チーム『ことば』)

まだまだ両日ともお席に余裕がございます。
ぜひこの機会にお申込み下さいませ!!

ご予約お問合せ/ borobon.k.k@gmail.com
ご予約方法/お名前・ご希望日・枚数・電話番号を明記の上、上記アドレスまでメールでお申し込みください
  *必ずGメールアドレスからの返信を受信できる環境にしてお待ちください

企画・製作/花組芝居 & BoroBon企画

お待たせいたしました。
3月27日&28日@南青山MANDALAイベントタイトル&出演者をお知らせ致します。
<NEW!!>BoroBon企画より、チーム『ことば』の乗車も決定~!

花組観光「ぼろぼんバス」初運行記念《春の陽炎めぐり》


日時/2019年3月27日(水)28日(木)
受付開始17:30 開場18:00 開演19:00
会場/南青山MANDALA 
料金/ワンドリンク付き4500円(前売・当日共通/全席自由 整理番号付き)
構成・演出/加納幸和


出演(予定)/加納幸和 原川浩明 山下禎啓 桂憲一 植本純米(28日) 八代進一(28日) 横道毅 秋葉陽司 松原綾央 磯村智彦 小林大介 堀越涼 谷山知宏 丸川敬之 二瓶拓也 押田健史 永澤洋 武市佳久 (以上、花組芝居)
★チーム『ことば』=井上啓子・川西佑佳・杉山薫・仲坪由紀子・蜂谷眞未(27日)・伴美奈子(28日)ほか&丸川敬之

まだまだ両日ともお席に余裕がございます。
ぜひこの機会にお申込み下さいませ!!

ご予約お問合せ/ borobon.k.k@gmail.com
ご予約方法/お名前・ご希望日・枚数・電話番号を明記の上、上記アドレスまでメールでお申し込みください
  *必ずGメールアドレスからの返信を受信できる環境にしてお待ちください

企画・製作/花組芝居 & BoroBon企画

もう20年近く前、『弾丸列車』という定期ライブで南青山MANDALAに初登場した花組芝居水下きよし。以降、自身のBoroBon企画公演や花組イベントで何度も使わせていただきました。
「南青山MANDALAが 25周年イベント月間をやるのですが、水下さんとのご縁で花組芝居さんで何かやりませんか?」とお声かけ頂きました。
2015年1月以来久しぶりの花組芝居@MANDALAイベントです。
内容詳細は当日までのお楽しみ!


花組芝居& BoroBon企画 
花組観光ぼろぼんバス(仮)

構成・演出・出演 / 加納幸和
出演 / 花組芝居役者有志 ほか

◆日時 / 2019年3月27日(水)28日(木)
    受付開始17:30 開場18:00 開演19:00

◆会場 / 南青山MANDALA 
       地下鉄銀座線 外苑前1A出口徒歩5分
             (階段上り直進 横断歩道渡り左折 しばらく歩いた右側)

◆料金 / ワンドリンク付き4500円(前売・当日とも)
    全席自由 整理番号付き

◆予約開始 / 2月1日(金)午前10:00

◆ご予約お問合せ / borobon.k.k@gmail.com

◆ご予約方法 / お名前・ご希望日・枚数・電話番号を明記の上、
       上記アドレスまでメールでお申し込みください
      *必ずGメールアドレスからの返信を受信できる環境にしてお待ちください


企画・製作 /花組芝居 & BoroBon企画


イベント情報【3/27・28】 

| 修正

<花組芝居&BoroBon企画>
花組観光ぼろぼんバス(仮)

日程/2019年3月27日(水)・28日(木)
構成・演出・出演/加納 幸和
出演/花組芝居役者 有志 ほか
会場/南青山MANDALA http://www.mandala.gr.jp/aoyama/

チケット詳細近日公開!

花通会員様限定イベント!
ぼろぼん忌『31周年ありがとう!32年目もよろしくねの会』

花通会員の皆様、31年目の泉鏡花YEARもお付き合いありがとうございました!
来年もやります、ぼろぼん忌@飲み会スタイル!水下きよしの命日を、ぜひ一緒にお過ごしくださいませ。

【日 程】2019年1月24日(木)@渋谷駅周辺会場にて
19時受付&イベントスタート~21時終了
【参加費】5,800円
【発 売】2019年1月6日(日)昼12時より

【お申込み方法】オンライン予約のみ・先着順
年賀状の宛名ラベル下に記載のアドレスより、お申込みください。

url.gif
メール会員の方には、メールにてもお知らせ済。

【注意事項】
※ご予約いただいた方にのみ、会場の詳細をお送り致します。

「毛皮のマリー」公演情報 

| 修正
花組ヌーベル

実験浄瑠璃劇 「毛皮のマリー」

kegawa19.jpg

※クリックで拡大

あゝそは夢か、幻か。


>> 配役・タイムテーブルなど公演詳細はこちら

●作/寺山修司  ●脚本・演出/加納幸和
●監修/寺山偏陸  ●作曲/鶴澤津賀寿 杵屋邦寿
●出演/花組芝居役者連

●2019年6月8日(土)~16日(日)
下北沢 小劇場B1

●チケット(※全席自由・整理番号付)
前売/4,200円 当日/4,600円
一般発売/4月20日(土)  優先予約/4月上旬
 ※優先予約をご希望の方は、花組通信会員またはDMメール会員にご登録ください。


kegawa15a.jpg
kegawa15b写真は2015年公演より


「毛皮のマリー」あらすじ
花咲ける四十歳の男娼・毛皮のマリーが暮らす部屋。
下男にかしずかれ湯浴みをするマリーのもとに、“一人息子”の美少年・欣也(きんや)がやってくる。
マリーは彼を決して外に出さずに育てていたが、ある日、美少女・紋白(もんしろ)が部屋に闖入し、欣也に外の世界を教えて一緒に行こうと誘惑する。
一方、マリーは連れ込んだ水夫との寝物語に、欣也の出生にまつわる恐ろしい秘密を話し出す――。

花組芝居とは

庶民からは高尚で堅苦しくなってしまった“歌舞伎”を、かつての芝居小屋のように、誰もが気軽に楽しめる最高の娯楽に!と、自ら“ネオかぶき”と称し、 豊富な歌舞伎の知識と、枠にとらわれないユニークな発想、「なんでもあり」の精神で、独特の世界を作り上げている。
俳優は男性のみ。パワーの有る個性豊かな俳優陣が「女形」も演じる。

花組ヌーベルとは

2007年より始まった加納幸和演出による新機軸。全員参加型の本公演よりも少人数&小さ目空間での上演が特徴。豪華絢爛なセットや衣裳が持ち味の花組芝居だが、シンプルな浴衣芝居に挑戦するなど“実験的”な公演が多数。

お待たせいたしました。
昨日花組通信87号を、クロネコヤマトメール便にて発送いたしました。
同封物は以下の通りです。

◆花通87号
◆花通会員限定イベント!ぼろぼん忌『31周年ありがとう!32年目もよろしくねの会』の告知案内
◆『音楽劇 Love's Labour's Lost 』チラシ
◆『音楽活劇 SHIRANAMI 』チラシ
◆『お正月』チラシ

その他、更新のお願いや受領書など個別に同封されている方もいらっしゃいます。
引越しをされた方、未着・不備の心当たりがあるお客様におかれましては、
お手数ですが花組芝居までご一報いただきたく存じます。よろしくお願いします。

◆BEST STAGE 10月号(8/27発売) 加納幸和
◆カンフェティ冊子10月号(9/3発行) 加納×小林大介
◆えんぶ10月号(9/7発売) 加納×丸川敬之

【最優先&優先予約期間】
7月4日(水)0時~10日(火)24時

※先着順ではありません。
※予約期間は同じですが、花通会員様より優先的に抽選致します。


【予約方法】
オンライン、往復はがき

【詳細お知らせ】
花通会員=6/27発送の花組通信86号に掲載
DM会員
1)メール会員=近日中に登録アドレスにメールにてお知らせ(※29日送信済)
2)メール会員以外の方=6/27発送のDMに掲載

花組通信86号発送のお知らせ 

| 修正

お待たせいたしました。
本日花組通信86号を、クロネコヤマトメール便にて発送いたしました。
同封物は以下の通りです。

◆花通86号
◆次回公演『天守物語』最優先予約のお知らせ
◆30周年誌通販のお知らせ
◆『天守物語』仮チラシ
◆『はんなり☆夏語り』チラシ
◆『変わり咲きジュリアン』仮チラシ

その他、更新のお願いや受領書など個別に同封されている方もいらっしゃいます。
引越しをされた方、未着・不備の心当たりがあるお客様におかれましては、
お手数ですが花組芝居までご一報いただきたく存じます。よろしくお願いします。

「天守物語」公演情報 

| 修正
「天守物語」

千歳百歳に唯一度、たった一度の恋だのに――。

tenshu18a.jpg tenshu18b.jpg

※クリックで拡大

>> 配役・タイムテーブルなど公演詳細はこちら

●原作/泉鏡花
●構成・演出/加納幸和
●出演/加納幸和 原川浩明 山下禎啓 北沢洋 秋葉陽司 松原綾央 磯村智彦 小林大介 谷山知宏 丸川敬之 二瓶拓也 押田健史
●ゲスト出演/桂宮治

●2018年10月3日(水)~8日(月・祝)
あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

●チケット
前売/5,800円 
一般発売/7月28日(土)  優先予約/7月上旬
 ※優先予約をご希望の方は、花組通信会員またはDM会員にご登録ください。


tehshu1997.jpg
写真は1997年、2000年公演より


花組芝居とは
庶民からは高尚で堅苦しくなってしまった“歌舞伎”を、かつての芝居小屋のように、誰もが気軽に楽しめる最高の娯楽に!と、自ら“ネオかぶき”と称し、 豊富な歌舞伎の知識と、枠にとらわれないユニークな発想、「なんでもあり」の精神で、独特の世界を作り上げている。
俳優は男性のみ。パワーの有る個性豊かな俳優陣が「女形」も演じる。


天守物語とは
泉鏡花による戯曲。逃げた鷹を追って城の天守へ迷い込んだ武士と、そこに住まう物の怪の姫の、幻想的な恋物語である。花組芝居では、1997年、劇団創立10周年の記念作品として初演。城の天守に住まう物の怪たちの世界を純和風の着物姿で、対する人間世界をハードロックテイストの甲冑で表現。ヘビメタロックで歌い踊る女中たちや武士たちの中、富姫と図書之助の恋心がせつなく光った。2000年に再演。2012年にはリーディング公演としても取り上げた。


天守物語 あらすじ
“魔物が巣くう”と、近づく者がない白鷺城(しらさぎじょう)の天守閣。主・富姫(とみひめ)は、猪苗代から訪ねてきた妹分の亀姫(かめひめ)と再会する。亀姫の手土産は、白鷺城主の弟、猪苗代城主の生首だった。お礼にと、富姫は白鷺城主秘蔵の白鷹を贈る。天守にそれた鷹を探しにやってきた姫川(ひめかわ)図書之助(ずしょのすけ)の爽やかな心、勇ましい立ち姿に心打たれた富姫は、恋に落ちる。図書之助をかくまう富姫のもとにやって来た追手に、異界を司る獅子頭(ししがしら)の目を傷つけられた二人は光を失ってしまう。そこへ獅子頭を彫った工人、近江之丞(おうみのじょう)桃六(とうろく)が現れて……。

いつも花組芝居をご贔屓いただきまして、誠にありがとうございます。
大変長らくお待たせして誠に申し訳ございませんでしたが、
「花組芝居三十周年記念大全集」が完成いたしました。
本日、発送させていただきましたので、ご報告いたします。
お手元に届くまで、今しばらく、お待ちくださいませ。

5月7日(月)までに、お品物が到着しない場合は、
花組芝居事務所(電話03-3709-9430)までご連絡くださいませ。

3/24 『婦系図』一般発売開始 

| 修正

お待たせいたしました。
明日3月24日(土)10時より、『婦系図』一般発売を開始いたします。
公式HPまたはお電話にて、ご予約をお待ちしております!
※予定枚数終了の回もございます。残席状況をご参照ください。

ネット予約→『券』ページよりおすすみください
電話予約→03-3709-9430

【残席状況】
○=オススメ ▲=残席少な目 ×=予定枚数終了

5/16(水)17:00【前篇】▲/19:30【後篇】▲
17(木)14:00【前篇】×/16:30【後篇】▲/19:30【前篇】▲
18(金)14:00【後篇】○/17:30【前篇】▲/20:00【後篇】×
19(土)13:00【前篇】×/15:30【後篇】×
20(日)13:00【前篇】×/15:30【後篇】×