休肝日

| コメント(4) | 修正

風邪や声帯の使い過ぎetc.で、調子をやる(声が出なくなる)以外、飲み続けて来た?年(記憶にない…)。『桐一葉』を終えてから、何ともないのにちょくちょく科している「休肝日」。何で始めたのだろう?

そうそう、実は『毛皮のマリー』の際、風邪の為か、全く声が出なくなった。日常会話が苦しくなる程だったので慌てた。病院にも駆け込んだが、兎も角禁酒した、一週間以上…。何が驚いたって、顔付きが変わった。何処がどう、という訳でないが、明確だったのはアイホールがくっきりした事!楽屋入りして鏡に写る己れを見て、へえ~、本当はこんな顔なのね…。この反省から、(半年以上経たが)抜いて見ようかな、となった次第。

うん、アイホールもそうだが、身体が軽いね。

何を書こうとしているのかな?今、数日(~一週間)置きにノンアルのサイクル、昨夜の休肝日で今夜は飲み日!はい、飲みながらの書き込みである。ええい、核心ッ!

人間って死ぬまで心静かに過ごすなんてないんだね…。元々「心静か」ってのがどんな状態だか。「悠々自適」な時空間て、有り得るのだろうか?豊かさって…。そうだね、生きてるってのは、常に心ザワザワしながら、身心不安定なまま過ごす事なんだね。生々しく行こうぜッ!イエイッ!

水やんが亡くなってから、時の流れ方が大きく変化した、感覚だけどね。ちょっと前の物事が数年を経たように感じちゃう。人生の先が見えたという意識が、「充実したい」という、切羽詰まった実感へ、知らず知らずに導いて居るんだろうと思う。

だからこそなのか、俺、この年でギラギラしてるね、苦痛なんだか、活力なんだか、いい意味でも悪い意味でも…。芝居も人生も、歩み方、ヤッパリ下手かもね、俺、アハハハハハ!

Cキャストを拝見。

10年我慢すれば、「母」の魂は「子」に会えるというルール。死んだ者の思いと生き残った者の思いが、10年という試練を経て、一つになる。

変身して会うか?姿を消して会うか?大天使ミカエルならぬ、「ミエル」「ミエナイ」2人のズッコケイケメン天使の配置が愉快。怖さの足りない「喪黒福造」風な室長の存在も巧み。こういう有り得ない設定を編み出し、人間の悲しさ可笑しさを炙り出すのは、TARAKOさんの十八番!

DCの舞台を見る度に、この御縁も水やんが残したもの、と様々な事が思い起こされる。DCの事務所へフラリと立ち寄っては、パンを差し入れたりしていたそうだ。おそらく飲むのが目当てだろうけど(苦笑)。いやいや、中尾氏や関氏、そして劇団員の皆さんの人柄に魅かれたんだと思う。

水やんは自分で決めたら即行動の人だったから、天使の助けも借りずに、未だにあっちこっちウロウロしてるだろうな…。それとも既に転生しちゃってたりして!

TARAKOさん、12月よろしくお願いします。

柱米゜朝一門会/絵空箱

| コメント(0) | 修正

昨年の1月以来、お久し振り。

朝司(秋葉陽司)さん、かぶり付きの妻娘の前で緊張していらっしゃいました。

丸朝(丸川敬之)さん、主に小山治師を写したそうだが、食う描写も的確で丁寧でした。

鏡朝(各務立基)さん、高座へ上がった時点で、松尾貴史氏そっくりで驚いた。喋り出すと更に似ていて2度ビックリ!髪型と眼鏡かな…。

中入り後の米゜朝(原川浩明)さんは、いつもながら安定の話っぷり。

巻きの入った大喜利は、仲良し一門のツーと言えばカー度数アップで、言い感じでした。

打ち出し後の宴席で、鶴澤津賀寿さんと、表現者の身体の有り様について語り合う!なんて、想定外の楽しさを味わいました。皆さん、お疲れ様でした。

うみ/西瓜糖

| コメント(0) | 修正

戦争という極限の状況が、人々の業を丸裸にする。海辺のベトベト、砂のザラリ、蛙の鮮血、汗etc.これらのイメージが、人物達のササクレをより刺激する。

場面が淀んで来ると、いい間で新しい局面が投下される小気味良さ(作=秋之桜子)。幕切れの合唱曲が良いね、祐子さん、丁寧な演出振りは、出演者から聞きましたよ。「語り」術の極致を見せてくれた美代子様、凛とした淑やかさはお手の物!

その他適材適所の妙は、西瓜糖十八番で、20代から70代、それぞれ本物の世代が演じる厚味。

正義とか、潔白とか、言えば言う程、醜くなり、開き直った悪が潔く見える。人間て、だから魅力的なのかも知れない、と思えるのは、お人柄が温かく優しいキャストとスタッフ揃いだからだろう。

「桐一葉」八人衆で、終演後飲み会まで割り込んでしまいました。だって楽しかったんだもん!

この公演が終れば、漸く合流する蜂屋(はちや=八代進一)さんを、「桐一葉」組として繰り出して拝見。

ケンメイ(和田憲明)氏の良い仕事を又拝見出来た。

事件の背景にある巨大で黒い影に、翻弄されて行く男(捜査官etc.)達の葛藤が、只でさえ狭いシアター711の空間に、対面式の客席を仮設して、臨場感タップリに繰り広げられる。

ケンメイ氏の演出を2回経験している身として、稽古での修羅がどれ程だったか、俳優達の緻密な演技を見れば良く判る。同時に、音楽と効果音の使い方が、いつもながら秀逸。この濃さが良いのだよね。

« < 前の5件 | 1/336page | 次の5件 > »