三枚花弁の「けぶるゆうぞら」という江戸系品種。骨董商殺人事件の真相を、三種の骨董(壺・刀・絵)に証言させる盲目の弟子。そして、彼は骨董達に復讐されるという結末。
先ず器物の妖怪図絵(百鬼徒然袋)を思い出した。手紙、冠、靴、傘、槍、琴、木魚、面、鈴etc.所謂「付喪神(つくもがみ)」で、年を経た(百年、「九十九神(つくもがみ)」とも)道具に精霊が憑りついて人をたぶらかす。

作者は「羅生門」のイメージもあったという。平櫛田中氏の邸宅は趣きがあるが、如何せんアトリエは実用本位だから、ちと殺風景なのは致し方ないが、ここで22年の歳月を掛け、あの「鏡獅子」が製作されたと思うと、感慨深い。

いつも以上に緊密な演技と演出が圧巻。後半、趣向が立ち過ぎるのが気になるけれど、物語の展開が痛快なので、集中は切れなかった。丸刈りの吉田能君が、アクを抜き去った海老蔵のようで見惚れた。

奇想の前提/鵺的

| コメント(0) | 修正

稽古三昧で、一切の事前情報を確認出来ず拝見。不快感満載の効果音で幕が明くので、てっきり超社会派な舞台と身構えていたら、物語がぐんぐん耽美な方向へ広がり、後半はあれよ、あれよ、なスピードで南海トラフが痙攣し、事件の首謀者は花火と共に空高く飛び、肉片と散った。

作・演出、制作、女優、三人のみユニットなのに、キャストとスタッフがちゃんと独特な世界を共有出来ている。幾分映像的に過ぎるのが、演劇の虚構を好む自分としては残念ではあるけれど、この設定でじっくり室内劇が見たくはなった。

西瓜糖「鉄瓶」にて、僕の弟役でご一緒した寺十吾氏は、視覚も聴覚も、これでもか!という高濃度な演出をなさるんですねえ。

お目当てだった、元「曲屋(まがりや)」さん(佐藤誓)は、クライマックスの長台詞が、流石の説得力である。

中野通の同伴者(押田健史)のお陰で、いい店(Agalicoタラート オリエンタルビストロ)で痛飲出来た。

同じ原作を取り上げた経験がある(2008年)という事でか、アフタートークにお招き頂き、勿論舞台も拝見させて頂いた。

時代物を洋服で演じるというだけでなく、大胆で繊細、シンプルなのに濃厚な空間、音響もリッチでスマートで、何と言うか、とっても洗練されたヨーロパ演劇を見た印象を受けた。

原文そのままの台詞を使いながら、適度なカット(良石和尚、馬子久蔵、孝助母おりえ)で、地獄に落ちた萩原新三郎の見る世界に集約されていて、目から鱗であった。

終演後、プロデューサー綿貫さんが設けてくれた飲み会で、山本亨さん、青山勝さん、松本紀保さん、らと、花組版「伴蔵」を演じた那河岸屋(なにがしや=小林大介)を伴い、楽しいひと時が過ごせた。有難うございました!

この野外劇シリーズ始まって以来の、大入り記録だったそうだ。西瓜糖、恐るべし!

作者(秋之桜子)が同じだからか、花組芝居に書き下ろして頂いた「夢邪想(2014年)」に、少し雰囲気が似ているが、天明大飢饉を引き起こした(他の原因もあるらしい)浅間山大噴火が、ドラマのクライマックス(大掛かりな屋体崩し)であり、花組芝居の湿潤なイメージと違い、随分健康的な猥雑さに溢れているのが、椿組のカラー。

泣き笑い満載、泥臭い祝祭感、そして漂う哀愁、椿組花園神社野外劇の定番要素を余す事なく演出した松本祐子氏の、腕っ節の強さ!適材適所でフル稼働した出演陣!来夏、演出(天守物語)をさせて頂く事になっている自分は、既に逃げ出したい気分である(苦笑)。

イヌの仇討/こまつ座

| コメント(0) | 修正

書き直したいとお蔵入りしたまま、作者が旅立ってしまったと聞く。

赤穂事件の本質が、ご政道批判だった、というのは、初演の前、1984年に、丸谷才一が「忠臣蔵とは何か」で、御霊信仰から綱吉呪詛に到る流れをつぶさに述べていて、実に興味深いものがあった。

公家かぶれの大名、剣豪の家来(咲酒屋が珍しい役を勤める)、茶坊主、側女、女中頭、腰元、盗人、それぞれの立場から見た事件像が交錯し、最後に真相に辿り着く。歌舞伎役者なら、身分違いを肉体や声音で表現出来たであろう。演じ分けタイプの落語からも、ヒントになるかな。

深更から夜明けまで限られた時間内、喧々諤々の議論なので、例の「朝まで生テレビ!」と重なって面白い。

幕切れ、雪の降り方がアングラ好みで、演出家らしい。

« < 前の5件 | 1/341page | 次の5件 > »