チラシ/あらすじ

 

※クリックすると大きくなります


千歳百歳(ちとせももとせ)に唯一度、               

          たった一度の恋だのに――。


天守物語 あらすじ
魔ものが巣くうと恐れられ、誰も近づかない白鷺城第五重の天守閣では、天守の主・富姫が、猪苗代から空を駆けて訪ねてきた妹分の姫君・亀姫と懐かしの再会。供の妖怪・朱の盤坊は、手土産にと猪苗代城主の生首を差し出す。富姫、侍女たち一同同はおいしそうな生首だと大喜び。お礼に富姫は、鷹狩から帰ってきた鷺城城主一行から城主秘蔵の白鷹を奪い取り、亀姫に渡してしまう。
その夜更け、雪洞の灯りをたよりに天守へ現れた鷹匠・姫川図書之助。鷹を失った咎により一度は切腹を申しつかったこの若侍は、鷹の姿が消えた天守閣を見届ければその罪を許されることになっていた。当初富姫は図書を見咎めるが、訳を語る彼のすずしい言葉に感動し、天守へは二度と来ぬようにと諭して帰す。しかし大入道に雪洞の灯りを消され、武士が段をころげ落ち片輪になるよりはと、死を覚悟のうえで再度富姫の前に現れる図書之助。彼の爽やかな心、美しく勇ましい立姿に心打たれた富姫は、たちまち恋に落ちてしまう。夢幻の超越的世界と現世が交錯する天守閣に立つ、富姫の恋の行方は…。