初日/座長 

| 修正
DVC00597.jpgどうにか無事に終了。1日テン張ったので、終演後の飲み会が、楽しかった。ちと飲み過ぎ…。


メガネあんちゃんが二人(那河岸屋&田仁屋)、見に来てくれました。

上演時間/制作 

| 修正
CAWOVYRG.jpg


お待たせいたしました。
花組HON-YOMI芝居『天守物語』の上演時間は、約1時間20分です。
開演30分前より、当日券も販売いたします。
ぜひ皆様お誘い合わせの上、お越し下さいませ!!

花より団子組さま/座長 

| 修正
DVC00596.jpg豪華なお弁当(3種類も!)、ご馳走様でございました。


稽古中の先程、幾度も雷鳴が轟いたと思って、昼休憩に空を見上げるとカラリ!皐月晴れ。聞けば雹が降ったとか…。雨降って地固まり、このまま本番を迎えられたら最良であります。


この後、後半を稽古し、いよいよ衣裳付き本番通りの通し稽古になります。

充実し過ぎ/座長 

| 修正

朝から夜まで、やる事多くってヒーコラ。初日のメニューも目白押しで、きっとアッと言う間に、1日終ってしまうのだろうな…。離れ難い母体を味わいし尽くしたいのが本音です。野郎共、そしてご贔屓皆々様、よろしくお付合いをお願いします。

10時間/座長 

| 修正

久し振りにネバッた稽古をしちゃいました。大佳境ですもの!明日は、現場の設営作業とか、衣裳やら小道具、諸々でバタバタするんで、中身をやるだけやらなきゃならん!と頑張りました、ふ~。過去2度上演しているんで、蓄積されたものが、今に効果を現していると感じる事しきり…。個人的に言えば、あれから35年だものね。

1週間を切りました/座長 

| 修正
DVC00590.jpg稽古場に、初演以来天守の音楽を担当して頂いてます坂本朗氏が来てくれました。朗読劇という様式なんで、発する言葉以外に重要なのは音楽です。動かないんで12年前通りは無理なのですが、逆に、初演した15年前の初心に戻れるような気がしています。そして丁寧に丁寧に。

衣裳デザイン/座長 

| 修正

やっぱり役者だからね、着るものにはうるさくなっちゃう。自分が演出する時は、外部公演でも、小物に至るまでチェックしないと気が済まない。

天守初演の時はデザイン画を描きました。過去にも幾つか描いた時があったので、それをまとめて画集でもという企画が立ち上がりかけた事もあったかな…。

絵画教室は幼稚園当時から。最初は強制的に行かされたんだけど、次第に面白くなってね。小学校では漫画にもハマった。今の技術革新の実際は知らないけど、昔は原始的でね。コマ(何ミリ単位で定規使って)もトーンも手作業ですよ。当時はギャグ漫画中心なんで、単純な線で立体を描く為に、デッサン力は必要と教わった。その延長で高校の時は、受験する気がないのに、美大受験専門の学校に木炭デッサンを習いに行った事もあったな。

富姫/座長 

| 修正

初演、後半の赤姫着付、無地だったのですが、衣裳屋さんからお借りしたもので、生地の重ね具合が本物だったので、重くてね。40歳前だったのに、幕切れ近く、引いた裾やら振袖やらを奇麗に見せるなんて余裕が出なかった。再演は軽い物を誂えたので、どうにかでした…。出たら最後、引っ込んでもアタフタ着替えてますから、休む間無し。とても気持ちの良い役ですが、花組演出だと体力的に「エライ」のです。

今年三演目、花組HON-YOMI芝居なので、そういった足枷(あしかせ)がないんで、台詞に集中して鏡花世界を純粋にお見せしようと思います。

2000年再演の逸話。床山の助っ人に大歌舞伎出身の方が入ったんです。或る立女形を担当していらした事を初日が開くまで知らなかったんですが、舞台稽古で御老屋の亀姫の頭を見て思わず「鬢(びん)がいい形だね~」。僕がデザインした初演以来の侍女達の紫帽子も「饅頭」型を選択しててね。それを指摘したら、「知ってるから怖いな」と言われました。

図書之助/座長 

| 修正

15年前の初演時、伊予屋は所謂「抜擢」だったと思います。配役を座内で決定発表する前に宣伝写真を撮るスケジュールだったのですが、図書之助として私の富姫とのツーショットで、伊予屋には「内緒だよ」と伝えた記憶があります。

新神戸オリエンタル劇場の本番、大阪芸大で直の先輩だった(大学寮で一緒?)劇団新感線の橋本じゅん君が見に来てくれて「桂をよろしくお願いします」と頭下げられました。可愛がられてたんだな(ちょっとした逸話を聞くと、面白がっていじられてたかも?)、改めて責任を感じました。

1997年/座長 

| 修正

初演の稽古が始まる前に、花組芝居の関西公演の帰り一人遠回りして、現地「姫路城」を拝観致しました。丁度、世界遺産登録直後で、外人さん多かったな。天守閣、これっぽっちも闇の世界が感じられない、最上階の見晴らしの良さに驚いたのですが、土台となる石垣部分の最下層は、薄暗くて怖かった。この二つのイメージから演出を決めて行きました。

シンセサイザーに対抗するには、ロックだッ!「闇」に拘りました。都会で闇を感じる唯一、高層ビルの工事現場。夜間、人が居ないし、電気配線、まだ引かれてないし、暗ッ!だから眼下にはキラキラしたネオンが見えるが、宇宙に近い場所で、妖怪達が好き勝手やって、人間どもを馬鹿にする、原作の意図を現代に移せると考えました。